記事検索
検索語句

2012年04月16日

桜満開

暗い話題が続きましたが

やっと本来の生活と思考力に戻りました。

4月、新しいスタートになる季節に悲しい事が有り過ぎて

気付けば桜も満開桜

昨日の兼六園は花見の人で一杯だったそうです

家から見える田んぼは田植えの準備で賑わいを見せてます顔(イヒヒ)

最近、報告できなかった事を報告します。

まず、ハナちゃん犬(笑)

なんと!

ナハちゃんのお庭が広くなりました手(チョキ)

CIMG9627 (2).jpg


実は14歳になったハナちゃんは耳が聞こえなくなったみたいで

呼んでも気付かなくなりました。

それとオシッコも前は散歩の時まで我慢してたけど

最近ではアッチコッチにするようになり狭い庭だと

可哀そうだと言う事でパパが庭を広くしてくれたんです。

これで何処でもチッコOKGood



hana.jpg


後はリードを長くして完成です。

ご満悦なハナちゃん犬(笑)

この顔が可愛くってアップにしてみましたわーい(嬉しい顔)

CIMG9635 (2).jpg


この角度のハナちゃん可愛く撮れました顔(メロメロ)


でプッチは・・・


トリミングを終えてはさみスッキリしてます。

大好きなリンゴを・・

見せて



CIMG9652 (2).jpg


「待て」をして



CIMG9655 (2).jpg



「よし」と言われて



CIMG9654 (2).jpg



食べました顔(ペロッ)

プッチが唯一、アレルギーを心配しないで食べれる果物です。

後、ミカンも食べれるけど食べ過ぎるとピ〜〜フンになります。

それと唯一の猫猫(笑)ナナですが・・

ちょっと不思議な事がありましてこの事は後日、報告します






振り返り、義父の葬儀の話ですが


私が信州松本に嫁いで初めて経験した行事がお葬式でした。

それもビックリなお葬式。

所変われば違うのね〜〜〜〜とえらく驚きの連続でしたよ


まず松本では葬儀の前に火葬を終えます。

火葬が終えて遺骨を前に葬儀開始。

これには驚きでした!

なんで?

それにお通夜は遺族と親族のみでしめやかに営まれます。

私の生まれ育った所はどちらかと言うとお通夜の方が参列者が多いです。

なんで?


それと究極な驚きが・・


葬儀終了後の精進落としの席で出された料理

野菜の天婦羅や煮物や酢の物等

それは普通なんだけど

その天婦羅がさぁ〜

饅頭や森永のムーンライト(クッキー)???

森永のムーンライトのクッキーなんて薩摩芋の天婦羅だと思って

お醤油タップリ付けて食べたら「サクッ」て・・・??

いやぁ〜〜〜ビックリしたよがく〜(落胆した顔)

もしかしてロシアンルーレット?って思いましたよ

不思議な不思議なお葬式でした。

あの〜ウチの義父さんの時はお菓子の天婦羅はありませんでしたよ

この話は私が嫁いだ頃、25年も前です。顔(ペロッ)





ニックネーム プリまま at 14:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

悲しい惨事

義父が他界して悲しみが覚めないうちに・・

先日の4月8日。

早朝の6時前に私の携帯が鳴った携帯電話

え〜こんなに早くに誰だろう?

着信表示には知り合いの子の名前が・・

あれっ? ?

どうしたんだろう?

「どうしたん?こんなに早くに」

「ウチが燃えたの父ちゃん死んだ。皆、死んでしまった」

「・・・・・」

もう掛ける言葉も思考もなく信じられない思いばかりでした。


そのお宅は個人で動物保護をしてたお宅でした。

残念な事にその保護されてた80匹の子達は犬2・猫1匹を残して全頭が

亡くなりました

昨日の早朝にパパが遺体の片付けを手伝いに行きましたが

その日から毎晩、夜になると涙を流しています

想像を超える惨状の中の小さい遺体達が可哀そうで可哀そうで・・

私もパパも見覚えのある子が数頭いて思い出しては泣けてくるんです。

他に見た事もない子達も沢山いたけど

どの子も苦しかっただろうにと・・・

泣けて泣けて・・

泣けて泣けて泣けて・・


皆さん、見た事も触れた事もない子達ですが

あの子達の冥福を祈ってあげてください


お願いします。










ニックネーム プリまま at 11:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

別れ

4月1日の深夜、午前1時30分頃に病院から連絡があり

義父が他界しました。

81歳になったばかりでした。

病んでから3年くらい経ち、先月に見舞いに行った時も

主治医の先生から覚悟しててください。

と言われてたんです。

目まぐるしい時間が経ち、昨日から仕事も再開しましたが

思いのほか体が疲れてたのか信じられないくらい

眠りました。

私の最後の義父の顔は先月にお見舞いに行った時に

主人の実家(義父の家)の庭に咲いていた

福寿草の花を写メに収めて

病院近くのホームセンターでプリントした福寿草の花の写真を

嬉しそうに眺める顔が最後でした。

話す事も出来なかった義父ですが、その写真が自宅の庭の福寿草

だと理解してたのかもしれません。

これがその福寿草の花です。


2012032210070001 (2).jpg



2012032210070000 (2).jpg






今、義父はウチに居ます。(遺骨になって)

自宅から離れたくない!ここに来たくない!

と生前は言ってましたが・・

義父さん、暫くの間だけでも私達の生活振りを見ててよ!

退屈はさせないわよわーい(嬉しい顔)

って49日までだけど毎朝のご飯と大好きなお茶をお供えしています。




私達は元気ですよ手(チョキ)

後日、私達が留守にしてた間の我が家の子達の様子を報告します。

も〜〜〜〜本当に皆さんとPちゃんに感謝、感謝でした。

ニックネーム プリまま at 16:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする